地域型住宅グリーン化事業 TOPICS

平成27年度 「地域型住宅グリーン化事業」 第2回グループ募集を開始三世代同居対応住宅を支援
  国土交通省は 「平成27年度 地域型住宅グリーン化事業」 について、12月21日 2015年度補正予算案に盛り込まれた第2回の実施にあたり、
  補助対象グループの追加募集を行うことを発表した。
  募集期間は12月21日から来年1月18日までとし、採択結果の通知は予算成立後となります。
  既に今年度の事業で採択を受けているグループについては新規応募の必要はないとのこと。
  今回の追加募集は、補正予算分の事業として、第1回 「地域型住宅グリーン化事業」 を拡充し、地域の住宅供給グループによる長期優良住宅などの
  整備とそれと同時に行う 「三世代同居対応工事」 を支援するものです。
  希望出生率の向上実現に向け、親世代が子育て世代の育児などを手助けできる三世代同居を可能とするため、優良な住宅の取得を支援する。
  三世代同居対応住宅の条件は、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち、いずれか2つ以上を住宅内に複数個所設置すること。
  補正予算分の1戸あたりの補助限度額は、
  長寿命型(長期優良住宅)の三世代同居対応住宅
高度省エネ型(低炭素住宅)の三世代同居対応住宅が 130万円
  高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)の三世代同居対応住宅は 195万円
  柱、梁、桁、土台の過半に地域材を使う場合はそれぞれ20万円加算となります。

  今後、 長期優良住宅化リフォーム推進事業でも、補助対象の工事に三世代同居対応工事を追加される見込みです。
  三世代同居改修工事については1戸あたり50万円を上限として補助を行い、三世代同居改修工事を含む場合は、全体の補助上限(長期優良住宅認定
  並みの場合は上限200万円、それ以外の場合は100万円)もそれぞれ50万円引き上げる。
  ● 事業の概要
     地域における資材供給、設計、施工などの連携体制による良質な木造住宅の整備に対して支援する 「地域型住宅グリーン化事業」 を拡充し、
     地域の中小工務店等による長期優良住宅等の整備と、それと併せて行う三世代同居対応工事への支援を緊急的に行います。
  ● 補助の対象
     現行の補助要件に加え、調理室、浴室、便所又は玄関のうち、いずれか2つ以上を住宅内に複数箇所設置する住宅(三世代同居対応住宅)
  ● 補助限度額(補正予算に係るものに限る)
     …梗命型 (長期優良住宅)の三世代同居対応住宅 : 130万円/戸(地域材を使用する場合※150万円/戸)を上限とする。
     高度省エネ型 (認定低炭素住宅)の三世代同居対応住宅 : 130万円/戸(地域材を使用する場合※150万円/戸)を上限とする。
     9眦拆淵┘遊 (ゼロ・エネルギー住宅)の三世代同居対応住宅 : 195万円/戸(地域材を使用する場合※215万円/戸)を上限とする。
     ※柱、梁、桁、土台の過半において都道府県の認証制度等により産地証明等がなされている木材を使用する場合。
 
  ● 募集の受付期間
     平成27年12月21日(月) 〜 平成28年1月18日(月)必着
  詳しくは、下記関連サイトをご参照ください。
   国土交通省 報道発表資料 ⇒ 平成27年度地域型住宅グリーン化事業 第2回グループ募集の開始について
   地域型住宅グリーン化事業評価事務局 Web ⇒ http://chiiki-grn.jp/
   参考資料 ⇒ 概要図 (PDF)
 
  TAS企画では、地域型住宅グリーン化事業の申請サポート及び採択後の長期優良住宅などの認定申請支援、
  補助金交付申請等を受け賜っております。 
Mail
このページのトップへ