低炭素住宅(ゼロ・エネ,省エネ) TOPICS

低炭素住宅 認定制度及び認定基準の解説
  平成24年9月5日に成立した 「低炭素化促進法(都市の低炭素化の促進に関する法律)」 に関して国土交通省は10月9日に、住宅の省エネ基準見直し
  案と低炭素建築物の認定基準案を公表し、意見募集を開始しました。
  省エネ基準の見直し案では、住宅とその他建築物の省エネ性能を同じ基準で評価できるように、一次エネルギー消費量 (熱量換算した値) を指標として
  います。 又、部屋の用途や床面積に応じて省エネの性能を評価できるよう建物自体の性能基準 (外皮基準) を新たに設けています。
  これら基準の見直しにより従来の省エネ基準より10%程度の一次消費エネルギーを低くすることに加え、蓄電装置や太陽光発電、節水対策などの8項目
  から2項目を選択することで地方自治体が認定する 「認定低炭素化住宅」 の規定を満たすこととなります。
  本制度は、2020年までに新築の住宅および建築物の省エネ基準適合義務化を目指し、12月4日に施行されます。
  認定された住宅や建築物は税制優遇や容積率の緩和などの措置が講じられます。
  ※ 意見募集 (パブリックコメント) は11月7日まで総務省 「e-Gav」 内パブリックコメントに掲載。
   低炭素建築物の認定制度の概要
  【申 請 者】 低炭素化に資する住宅および建築物の新築等をするもの
  【認 定】 申請者が建築物の低炭素化に関する計画を作成し、所管行政庁が認定
  【認定基準】  建築物における一次エネルギー消費量が一定以下であること
            以下の基準から2つ以上を採用、又はライフサイクルCO2排出量が標準的な住宅よりも一定以上削減されていると、
             所管行政庁が認めたもの
              建築物の低炭素化(木造住宅)    節水対策(節水便器等)               ヒートアイランド対策(緑地化等)
              雨水利用設備の設置          エネルギーマネジメント(HEMS 等の設置)    LCCM 住宅
              住宅の劣化軽減措置 ・高炉セメント等の利用
  【優遇措置】 認定を受けた低炭素建築物の内、平成24・25年度は、新築住宅のみが優遇措置の対象となる。
   住宅に係る判断の基準
  1.外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準
    地域の区分に応じた熱貫流率等の基準
    (1) 地域の区分に応じた 外皮平均熱貫流率の基準 (下表以下であること)
             外皮平均熱貫流率 UA = + / 外周面積
              床裏、小屋裏若しくは天井裏(外気等)面積×熱貫流率   基礎等の外周の長さ×基礎等の外周の熱貫流率
    (2) 地域の区分に応じた冷房期の平均日射熱取得率の基準 (下表以下であること)
             冷房期の平均日射熱取得率 ηA = ( × × / ) × 100
              第 j 方位における外気に接する第 i 壁等 (壁等に設けられた開口部を含む。以下同じ。) の面積 (単位 平方メートル)
              第 j 方位における第 i 壁等の日射熱取得率
              第 j 方位及び別表第4に掲げる地域区分に応じて定められる次の表に掲げる係数 (以下 「方位係数」 という。)
    その他
    気密性の確保, 防露性能の確保 (表面結露の防止・内部結露の防止), 暖房機器等による室内空気汚染の防止, 防暑のための通気経路の確保
  2.一次エネルギー消費量に関する基準
    評価対象となる住宅において、 共通条件の下, 設計仕様 設計した省エネ手法を加味で算定した値 設計一次エネルギー消費量を、
     基準仕様で算定した建築設備 暖冷房, 換気, 照明, 給湯 に係る一次エネルギー消費量に0.9を乗じ、家電等に係る一次エネルギー消費量を
    足した値 基準一次エネルギー消費量 で除した値が1以下となることを基本とする。
    < 住宅の一次エネルギー消費量基準における算定のフロー >
      ET ÷ EsT ≦ 1   基準仕様
    設計一次エネルギー消費量 基準一次エネルギー消費量 EsT
     = 各設備の一次エネルギー消費量 (単位 : 1年につきメガジュール)
     = (暖房設備 + 冷房設備 + 機械換気設備 + 照明設備 + 給湯設備) × 0.9 + その他エネルギー
    注記) 上記の基準については、分かりやすく解説するため、詳細の数式や基準となる表などを省略していますので、詳しくは環境省ホームページの
        基準案を参照ください。  環境省Web : http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15805

   Q値計算と外皮平均熱貫流率の違い
Q値と外皮熱貫流率違い
   低炭素に資する措置は下記から2つ以上選択
低炭素に資する措置
   認定プロセス (長期優良住宅と同じ流れ)
低炭素住宅認定の流れ
   計算はウェブ算定プログラムを利用
ウェブ算定プログラム
お問い合わせ
  TAS企画では、 低炭素化住宅の認定について ご相談・ご支援を受け付けています。 Mail
このページのトップへ